主に横須賀の食べ歩き&観光スポットと国内外旅情報。

今日も横須賀。

Villa Bianchi-ヴィッラビアンキ 丸の内OAZO店(東京):肉とワインを気軽な雰囲気で食べられるお店。

投稿日:2017年1月30日 更新日:

勤務先のお祝い事で、ヴィッラビアンキ さんに呼んでいただきました。



JR 東京駅を降りて丸の内北口からほど近く、ビルがごちゃごちゃならんでマップもうまいこと指せません。

ヴィッラビアンキ(丸の内)田町OLが圧倒される丸の内にあってだいぶカジュアル寄りなお店でございます。

ヴィッラビアンキ(丸の内)人数も多かったので、コース料理飲み放題付きです。ビールがモルツなのはいいですね!飲んだ記憶ありませんが。
そして今さら気づきましたが、店名とおなじなまえのワインがありますね・・・。

ヴィッラビアンキ(丸の内)さてまずは前菜の盛り合わせからです。手前の薄い物体、チーズをカリカリに焼いたのが美味しかった。
これで3人前です。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ローストビーフは薄くてチーズに味が負けておりました。

ヴィッラビアンキ(丸の内)バーニャカウダはド定番ですね。これといった感慨もなくなくなっていくのを眺めておりました。

ヴィッラビアンキ(丸の内)いも。ふつうです。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ライスコロッケ。中にチーズが入ってるやつ!ふつうです。
コース以外に追加のお料理が出ているようです。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ピザ。にくの前に炭水化物攻撃がつづきます。生地は薄めではしっこは香ばしく焼けております。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ここでにく登場。だいぶおなかいっぱいになってきていたのでとてもボリュームが感じられます!
しかしこれがバーニャカウダの直後に出てきたら物足りなかっただろうな。ひとりあたり2切ずつくらい×部位は2種類でした。
あまりおにくの味はしませんが、厚みがそこそこあったのでにくを食べた感は得られました。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ボロネーゼが出てお食事終了です。もう少し盛りつけには気を遣っていただきたいところ。

ヴィッラビアンキ(丸の内)コースのデザートです。ひとくちサイズのパンナコッタ。食べた気がしない!

ヴィッラビアンキ(丸の内)・・・というかおをしていたのがモロバレだったのか、シャッチョさんが追加オーダーしてくださいました。

ヴィッラビアンキ(丸の内)アフォガードにコーヒーをかけて喜ぶ同僚。

ヴィッラビアンキ(丸の内)ティラミスの方もいました。

お値段とのバランスを考えたら、じゅうぶん美味しくいただけました。接客もとくに問題なく。
店内はそこそこ広くて賑やかな感じ。カジュアルにお酒を飲みたいときはいいと思います。



お店の詳細情報

店   名:Villa Bianchi-ヴィッラビアンキ 丸の内OAZO店
ジャンル :居酒屋・BAR
住 所  :東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービルディング3F (東京駅丸の内北口から徒歩2分)
営業時間 :11:00-15:30 17:00-23:00
定休日  :なし
公式サイト:http://www.dynac-japan.com/villa-bianchi/
喫煙可否 :不可?(施設内に喫煙室あり)
予   算:4,000円(ディナー)
おすすめ度:★★★
(お店データは訪問時のものです)

*食べログのページ↓

VILLA BIANCHI 丸の内OAZO店イタリアン / 大手町駅東京駅二重橋前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

*関連記事

-東京エリア,
-, , ,

Copyright© 今日も横須賀。 , 2018 All Rights Reserved.